みんなでスポーツ

当院の作業療法では週1回の頻度でスポーツのプログラムを行っています。種目はフットサル。あまりなじみのない方もいらっしゃるかもしれませんが、5人制のサッカーといったところです。

普段はストレッチや鬼ごっこなどのウォーミングアップで心と体をほぐし、パスやシュート練習などでボールに慣れ、最後はチームに分かれて試合をするといった感じです。

コミュニケーションが苦手な方も多いので、前半はものすごく静かな立ち上がり。ただそのうちに名前を呼んでパスをしたり、上手くいったプレーに拍手を送ったり。試合ではボールを追いかけることに夢中になり、ゴールを決めると自然とガッツポーズやハイタッチをしています。周りで見ている方も「気持ちよさそうね」とにこやかに過ごされています。

スポーツが好き、体を動かして発散したいという方はもちろんですが、「運動が苦手」「人と過ごすことはもっと苦手」という方にこそお勧めのプログラムです。ご希望の方は作業療法士へ是非お声掛け下さい。

作品展を開催しました

ようやく本格的な冬の到来。冷たい風の中でもみのり保育園の子どもたちは元気に過ごしています。先月の中旬から作品展を開きました。今年のテーマは「秋の遠足」。子どもたちの写真や柿、りんご、ぶどうなどの果物・お弁当を作り飾りました。見て下さった方の中には「もう一回見てもいいですか?」「また見にきます!」と、とても好評でした。子どもたちも「見て!」「これ作った!」と自分の作ったものが飾られていることをとても喜び、嬉しそうな表情を浮かべていました。
私も子どもたちが製作をする姿を見て、それぞれの個性が出ておりとてもおもしろく、良い作品になっていると感じました。
これからも、新しくなったみのり保育園で子どもたちと一緒に様々な体験をし、楽しく元気に過ごしていきたいと思います。

看護部 2年目研修

先日、卒後二年目対象の研修がありました。内容は、新人看護職員研修制度の概要です。新人看護師はどのような特徴があるのか、なぜ新人看護研修が必要なのか等について学びました。まだまだ未熟な自分が来年からプリセプターを担当すると考えると不安な気持ちでいっぱいでした。ですが、CNSより「完璧に教えないといけないということを言っているのではなく、新人ナースの気持ちがわかる存在になってほしい」と言葉をかけていただき、自分が新人ナースだったころを思い出しながら、一緒に学んで成長できたらいいなと思いました。

秋といえば・・・ ツーリング

夏は暑いし・・・冬は寒い・・・
ので、春と秋はバイク乗りにとっては快適な季節です。
特に秋は紅葉がきれいで京都方面へのツーリングが最高です。

先日の休みに単独で京都方面に走りに行きました。朝は寒かったですが、日中はポカポカ陽気でとても気持ちよかったです。

コンビニで休憩し自分の愛機を眺めながらコーヒーを飲んでいる時が至福のひとときですね。

バイクではよくあることですが、コンビニで休憩しているといろんな人が声をかけてくれます。人とのふれあいも楽しみのひとつです。

車でのドライブは快適でいいですが、バイクはバイクで楽しい事がたくさんあります。
興味のある方はバイク免許取得はいかかでしょうか?

お待ちしております(笑)

寒い冬の日、ホッとするもの

紅葉の時期も終わり、そろそろ冬の本格的な寒さを感じる季節となってきました。皆さんの冬の定番と言えば何を思い浮かべるでしょうか。炬燵にみかん、暖房にアイスクリーム…人それぞれの好みもあるでしょうが私はこの時期になると「鍋」が気になります。
帰り道のスーパーなどでは専門コーナーが作られており、私自身目を引くことが多いです。鍋と一口に言っても最近ではかなりの種類があり、定番の寄せ鍋やキムチ鍋、水炊き、レモン鍋やミルク鍋という珍しいものもいくつか出ているようです。(私はチャレンジ精神控えめなので定番の味に偏りがちですが)
複数で食べる鍋も、一人で食べる鍋であっても個人や家庭によってそれぞれの楽しみ方があるかと思います。私が最近食べた寄せ鍋は、最初豚肉や水菜などの野菜、中盤に差し掛かったころには豆腐やつみれ、とろとろに煮えたたっぷり味の染み込んだ白菜の芯の部分、最後に〆でうどんを入れて美味しく頂きました。(-人-)
身も心も寒くなるこんな日だからこそ、温かいものを食べると自然と心もポカポカとしてくる。明日も頑張ろうかなと思えてくる、そんな気がするのは私だけではないはずです。温かいものを口にしたとき、ホッと出るあの感じ。その安堵感を感じながら毎日を過ごしているんだなぁと、まさにこの昼休み温かいコーヒーでホッとしたときに思いついたのでした。