防災訓練に参加して

 本日当法人で防災訓練がありました。その中の感想を一部ご紹介します。
 心肺蘇生の訓練もさせてもらえ、今まで気になっていたケースでの対処方法も丁寧に教えて頂けて良い学びになりました。適切な心肺蘇生方法を実施できないと、やっても意味がないので、今日学んだことを忘れずに、もし機会があれば主体となって動いていけるようになりたいと思いました。その場に応じた適切な判断(人がいるのか、救急車を先に呼ぶべきか)などをしっかりしていけるようにしたいと思います。
 定期的に訓練を実施することで、設備の確認やスタッフの役割の確認、避難経路の確認などが出来て、実際に動く必要が出た際に動けて、患者さんの安全、スタッフの安心に繋げることができると思いました。(新人S)
 煙体験をしましたが、煙があると前も見えない状況になり、怖いと思いました。心肺蘇生では、助けを呼ぶときに、「あなたは救急車を呼んでください」と言うだけでは誰をさしているのかわからないため、「メガネの人」と特徴を伝えると分かりやすいと消防の人に教えてもらいました。
(新人K)

 消防訓練の緊張から解放され、煙体験で興奮状態でBLS&AEDコーナーに移動しました。大声で「○○さんっ!」と呼びかけ、「呼吸なし!」「脈触知なし!」と猛然と胸骨圧迫を開始いたしました。久しぶりでしたが、腕力と体力の衰えを感じることなく、人と交代することも忘れてひたすら「いち、に、さん・・・」と胸骨圧迫を続けました。明日、いえ明後日から筋肉痛だと思います。(ベテラン新人H)

院内ローテーション研修

 新人看護師が入職し、はや3カ月がたとうとしています。この間新人看護師たちは様々な研修を受けたり、現場で指導を受けたりし、少しずつ成長しています。
 今回は院内ローテーション研修で他の職種がどのような役割を担っているのかを学んだ感想を投稿してもらいました。(CNS)

 4月に入職してから早くも3カ月が経とうとしています。病棟の雰囲気にも少しずつ慣れてきました。病棟配属になってからは、様々な職種の方と関わりますが、本日の研修で他部署体験などを通して、連携にする職種についてより知る事が出来ました。
 まだ分からない事も多いですが、先輩方に御指導いただきながら日々成長していきたいと思います。(新人A)

宜しくお願いします!災害時に備えて。

 皆様、はじめまして。
今月15日から入職させていただいております。小森 真一暉と申します。
大阪生まれ大阪育ちの今年で27歳です。名前が珍しいとよく言われるのですが「まいき」と読みます。

 おいしいものを食べるのが好きで、車を走らせ新しいお店を開拓しに行くことが多いです。
先日まで鹿児島県に住んでいたのですが、鹿児島には鳥肉を生で食べる”鳥刺し”や和菓子の”かるかん”などおいしい食べ物がたくさんありました。これからは兵庫県のおいしい食べ物を見つけに車を走らせたいと思います。

 話は変わりますが、最近は大きな地震が頻繁に起きていて怖いですよね。
僕自身も去年、大阪の高槻で起きた震度5の地震に巻き込まれてしまい、自宅の電気ガス水道が数日間止まってしまいとても苦労しました。
その経験を生かし今では、自宅に災害時非常バッグなるものを常備するようにしており
水・かんぱん・ライト・缶詰・救急セット等が入っています。
皆様も災害時に体調を崩してしまわないように、最低限だけでも準備しておいても良いかもしれませんね。

CNSの学会報告

 6月21日から23日は日本精神科看護学術集会でした。長崎での開催で、前日から長崎に行ったのですが、せっかくなので、同じ精神科認定看護師を持つ友人たちとお昼ごろに集合し、軍艦島に行きました。今は廃墟となっているところにいろいろな思いが駆け巡り、一度は見る価値のある場所でした。

この友人たちとは10年以上同じ悩みを共有したり、お互いに高めあう仲間で、楽しむときは楽しみ、学ぶときは学び、助けが必要な時は助け合う素晴らしい人たちです。
 長崎2日目(学会初日)、さまざまな講演やシンポジウムに参加。

中でもジャパネットたかたの高田社長の講演は素晴らしいものでした。高田社長の「今までに失敗をしたことがない、失敗とは何もしなかったことと一生懸命やらなかったこと」という言葉にとても感銘を受けました。
 昼食は学会会場近くの中華料理屋で名物の皿うどんをいただきました。おいしさに感動です!!

 15:30からは私たちが企画したセミナーを開催しました。たくさんの参加者があり、実りある討論ができました。

 長崎3日目(学会2日目)、モーニングセミナーから参加しました。7:30という早い時間からの開催にもかかわらず、100人を超える人の参加でした。この日の昼食は長崎が発祥の地であるトルコライスとミルクセーキ♪

疲れを見せず、夕がたは観光を

 長崎4日目(学会3日目)、この日もモーニングセッションから参加。さすがに疲れましたが、やっぱり観光にも出かけました。

名物のちゃんぽんも食べ、やっぱり勉強だけでは終わらないCNSの学会は終了しました。

文明の利器

最近引っ越しをしたのですが、この機会にずぼらな自分の助けになるだろうということでお掃除ロボットを購入しました。決して安くはない投資だったのでさぞ楽になるだろうと思っていました。結果は、とても楽に清潔が保たれるようになり、一安心でした。何の面白みもない話ですが、こういった「良いモノ」を開発される方々には尊敬の念を覚えます。

しかし、今度は掃除をしなくてもよくなったのですが、お掃除ロボットが上手く動けるように動線や、家具の配置を考えないといけなくなりました。そう、ロボットに気を使わないといけなくなったのです。自分が家にいるときにロボットが動き出すと、どこかで停止しないかなど見守る時間も必要で、エラーを起こすのが不安で外出がしにくくなりました。

ある漫画で「等価交換」が話題になる作品がありましたが、お掃除ロボットによる家事の軽減と同時に今まで使わなかった頭を使うことが求められている自分の現在は、等価で成立しているのかなあと思うこともあります。いや、でも・・・等価どころか9:1で自分に利益がありますね(笑)お掃除ロボットさん、ありがとう!

人間の生活を豊かにするモノを得ると、自分のずぼらに磨きがかかるお話でした。