インターンシップ&母校の後輩との交流

2021年度に入職予定の後輩達が病院見学に来てくれました。
1日目は2年目看護師たちと交流、2日目は病院のインターンシップです。

2名の後輩を、新神戸でお出迎えした後、病院の周りの地域へ案内し、食事を一緒にしました。
みんなに楽しかったと言ってもらえて、交流も深めることができたのでよかったです。(2年目看護師:N)

インターンシップは、短い時間だったけど病棟の雰囲気を少しでも知ってもらえてたら嬉しいです。
後輩たちの姿を見てあらためて私もがんばろうと思いました。
二年後ここで一緒に働けることを楽しみに待っています。(2年目看護師:S)

奨学生が帰り際に「早く働きたいです!」と言ってくれました.2年後が待ち遠しいです.(看護部長)

研修報告

 就職してから毎月の研修を受けていますが、7月は午前中は講義や振り返り研修を受け、午後はリフレッシュ研修でした。
 午前中の包括的暴力防止プログラム(CVPPP)の講義では、腕を掴まれるなどの暴力時の離脱方法と、暴力が発生する前に介入を行い暴力を防ぐ方法を学びました。
 暴力発生時に自分の身を守る為に必要であり、何よりも患者さんが暴力行動により拘束となり、不利益が生じないようにするために必要があると学びました。
 暴力時の離脱方法は、自分が行うことなので出来ると思いますが、暴力発生を防ぐ方法は、一人一人対応が変わる事や誘因が異なるため難しく、学びを深める必要があると感じました。患者さんに良い看護が出来る様に頑張りたいと思います。(新人K)

 午後からはキリンビール工場と明太パーク、おくっちょに見学に行かせていただきました。どこも初めて行くところばかりだったので新鮮でおもしろく、楽しかったです。
 夜はプリセプターの先輩がたと共に食事をし、普段は話すことができない沢山のお話をすることが出来たため、大変良い機会となりました。
同期とともに一日を過ごし、リフレッシュすることが出来ました。(新人k)

カミングホーム

 先日、我が母校の鳳凰高校の奨学生に会ってきました。前泊で鹿児島空港に到着し、夜は山口看護部長と同期の3名で黒豚シャブシャブを食べました。とても美味しかったです。
 翌日は学校訪問し、1年生2人とそのご両親とお話しました。病院の概要、病棟での仕事内容、今住んでいる寮の事、出勤方法など今の生活を全て話してきました。5年後に、今回お話をさせて頂いた学生さんが就職してくれるのを楽しみにしています。
 面接が終わり2日間の休みを貰えたので、実家のある沖永良部島に帰省する計画を立てましたが、飛行機の整備不良の為、翌日のフライトとなりとても残念でした。しかし、病院の温かい配慮のおかげで、もう一日休暇を頂けたのでゆっくり休むことができました。これからも、母校の後輩に恥じないように頑張っていきたいと思います。

防災訓練を終えて

 先日、防災訓練に参加しました。病棟から出火の想定での避難訓練、煙体験、救命救急と盛りだくさんの訓練となりました。
 避難訓練では、職員皆が役割に沿って速やかに初期消火を行い、広い病棟から患者さん(役)を安全に非難誘導し無事訓練終了しました。
 煙体験では、煙が蔓延するテントの中を歩きました。テントの中は、足元も見えない暗い状況で、先の方に光がやっと見える状況でした。怖い思いをしながら進み、テントから出た瞬間にホッとし、「出れた―!」と思わず言ってしまいました。「病棟が同じ状況になったら」と考えたら、ゾッとしました。 
 救命救急では、心肺蘇生やAEDの使用法も含めて、消防の方より丁寧にご指導頂きました。
 訓練を終え、災害発生時職員が安心・安全に行動出来るように、防災対策委員会として、アクションカードの作成・活用、避難経路・避難場所を平面図に分かりやすく明記するなど、日頃から職員が意識出来るように取り組んでいます。

未来の仲間に会いに行って参りました (パート2)

 大雨の中、新人看護師たちと一緒に伊丹空港を飛び立ちました.
飛行機が目的地に到着できないかもしれない!条件付きでのフライトでしたが、
定刻通り鹿児島空港に到着しました。ホテルから近くの「かごっま屋台村」で念願の黒豚しゃぶしゃぶを食べました。
 翌日は、奨学生との面談のため奨学生の待つ母校へ新人看護師と向かいました。
奨学生は元気に学生生活を送っているようでした。
新人看護師たちは、社会人になって初の母校、懐かしい人たちとの再会で笑顔でした。
学校訪問の後は、新人看護師たちは実家に帰省のための休暇です!
私は明日の仕事に向け、自宅に帰りました。(笑)