作業療法室の模様替え

2018年になりました。作業療法科では年末に大掃除と模様替えをし、リニューアルした作業療法室で新年を迎えました。今回は大掃除の様子とリニューアルした作業療法室をご紹介します。

昨年末、科員みんなで棚や机の大移動、物品の整理・整頓を行いました。事前に「やることリスト」を作成し、役割分担をして取り組みました。重たい本棚の移動には自然と科員が集まり、「せーの」のかけ声で力を合わせて頑張りました。翌日に筋肉痛を感じたのは私だけでしょうか・・・

みんなの努力の結果、音楽鑑賞をするコーナーや陶芸のコーナーなどが整備され、よりゆったりと安全に活動できるスペースに生まれ変わりました。そして新たに窓際の日当たりを利用した園芸コーナーができ、作業療法士であり園芸療法士でもある科員を中心に素敵な植物が飾られています。

作業療法室
作業療法室

改めて模様替えした作業療法室を眺めてみると、以前よりも明るくそして広く感じられました。さらに園芸コーナーという、ホッとひと息つけるコーナーも増えました。作業療法では、作業活動はもちろん、作業を行う「環境」もとても重要な治療の要素です。患者さまの治療目標に合わせて活用できるよう、今後もより良い環境を考えていきます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

お正月

三が日は雪がちらつきましたが暖かくとても過ごしやすいお正月となったのではないでしょうか。
今年も元旦の有馬高原病院と青い空の郷の昼食はおせち料理を提供しました。入院患者様、入所者様に少しでも気持ちの良い新年を迎えていただくためにお弁当箱はどれがいいか、常食、軟菜食、ソフト食と食事形態が違っても、彩り、見た目、味がなるべく一緒になるように食材についても一品、一品相談しながら決めていきました。そして迎えたお正月は彩り豊かに盛付けられたおせち料理が出来上がりました。皆様にとって良い一年になりますようにと栄養科一同願いを込めて作りました。

常食用
軟菜食
ソフト食

我が家では子供と西宮戎へ初詣に行きました。地元では「えべっさん」と言われているそうですが参拝ルールとして参拝に行く前には屋台に立ち寄ってもいいのですが、帰りに寄り道をするとそこへ福を置いていくことになるので、まっすぐ帰るのがよいとされているそうです。そのルールを守って今年こそは寄り道しないと心に誓いつつ、、、。おみくじでは大吉!!皆様も幸多き一年でありますように。

正月の会

1月6日は病棟で「正月の会」を開きました。
書き初めと絵馬に今年の願い事を書き、おしるこを皆で頂きました。
書き初めの内容は「賀正」「迎春」や、戌年なので多くの方が「犬」と書かれていました。
絵馬は「世界平和」「健康」が多く自分のことだけでなく、皆のことを考えて書かれる方が多かったです。
おしるこを飲みながら、お節の話や正月の話を聞かせて頂き、ほっこりとした時間を過ごすことが出来ました。
少し作品を紹介します!!

絵馬

書き初め
おしるこ

朝練・夜練が日課です(^^♪

先月、我が家にロングコートチワワがやってきました。

生まれて2ヶ月の女の子♀ 悩んだ末、ぷりんと命名しました。

可愛い可愛い(♡^o^♡)でトイレ以外の躾を怠り、噛み癖・飛びつき・ケージから出せ出せアピール等々いつしか女王様のように振る舞うように…(-“-)

このままではいけないと思い、3日前から朝練/夜練 各30分毎日旦那さんが実施中♪

《お座り》《待て》《よし》《お手》《ハウス》を繰り返し教え込まれ、少しずつ出来るようになっている反面、急に意味なく《お座り》《待て》《ハウス》している姿が、可愛さ倍増です(♡^o^♡)

今朝は、ケージから出してとせがむぷりんに、『犬ってこういうもんやで!!そんなに自由じゃないねんで!!』と話しかけている旦那さんに笑ってしまいました♪

ちょっとしたことで、癒される毎日です(^o^)丿

今年は犬年 皆様にとって良い一年でありますように~♪