1年目を振り返って

新人歓迎会がありました。ちょうど1年前に同じ場所で緊張のなか、自己紹介をした事を思い出し懐かしく感じました。

この1年を振り返ると、毎日学ぶことが多く充実していました。しかし、楽しい事ばかりではなく、時には心が折れそうな時期もありました。その時は、同期やプリセプター、先輩方が話を聞いて下さり、支えて下さったから、2年目を迎えられたのだと思います。

2年目を迎えた今、まだまだ未熟ではありますが、『自分の行動は患者さんを中心に考えての行動になっているのか』を常に考え振り返りながら、日々ベッドサイドに立ちたいと思います。また後輩が少しでも過ごしやすい環境作りをし、ともに悩みながら一緒に成長していきたいです。

故郷と桜

先日かなり久しぶりに生まれ育った街に行ってきました。故郷といっても車で1時間もかからないので大げさですが…。
生まれてから高校卒業まで住んでいましたが、卒業後はあまり寄ることはなく、また行っても飲み会くらいなので街をウロウロすることはありませんでした。が、今回は特に理由もないのですが、住んでいた家から小学校、小学校の時によく遊んでいた公園(みなさんの地元にはタコ公園ってありませんでしたか?)中学校、高校と回ってきました。

普段は思い出すことも少ないのですが、行ってみると昔を鮮明に思い出しました。少しヤンチャしていた幼稚園から小学生時代を特に。内容は省略しますが…自分の歴史を振り返った面白い1日でした。
そしてよく行っていた公園で少しだけ花見をしました。今年は咲くのが早く時期を逃しそうでしたが、この公園は様々な種類の桜が植えてあったので、見ごろの桜もありました。
やはり1年に一度、この時期には桜を見ないと落ち着かないですね。

日々の作業療法プログラム

当院の作業療法科は、各病棟でプログラムを実施しています。
N1病棟は先月、病棟の中庭で病棟OT『ウォーキング』をしました。
日中屋外へ出ることや、入院中で運動する機会が少ない患者さまにも、屋外で程良く身体を動かすことや、新鮮な空気と暖かい日差しを感じることで気分転換の機会になったようです。(*^_^*)

「気持ちいいね」「今日は暖かいね」など自然と会話も笑顔も出てきていて、みなさん季節の変化を肌で感じるひとときだったようです。

季節や天候の変化など日々何気なく感じている事も、入院生活や病によって難しくなることもあります。今回のようにゆったりとのんびり、心身の休息をとることや程良く身体を動かす機会は精神科作業療法の治療目的のひとつでもあります。
これからは過ごしやすい季節になるので、屋外での活動も実施していきたいと思います。

今年も満開

院内の桜が今年も満開でした。


例年より早い開花となり、お天気が崩れなければいいなぁと思っていましたが
幸い、好天に恵まれ、新年度は満開の桜で迎えることができました。

そんな中、今年も看護師、保育士をはじめとする9名の新入職員をお迎えすることができました。
昨年に引き続き、いいお天気、満開の桜のもとお迎えできたことは本当に喜ばしいことです。
入職1日目には「新入職員歓迎会」も開催され、朝は緊張した面持ちだったメンバーも優しい先輩たちとの話に花が咲き、満開の笑顔を見せてくれました。

2日間の研修を終え、いよいよ各所属部署へ配属され業務がスタートします。
研修で学んだ理念、方針を胸に刻み、これから私たちの仲間としてがんばってくれることを楽しみにしています。