防災訓練に参加して

 本日当法人で防災訓練がありました。その中の感想を一部ご紹介します。
 心肺蘇生の訓練もさせてもらえ、今まで気になっていたケースでの対処方法も丁寧に教えて頂けて良い学びになりました。適切な心肺蘇生方法を実施できないと、やっても意味がないので、今日学んだことを忘れずに、もし機会があれば主体となって動いていけるようになりたいと思いました。その場に応じた適切な判断(人がいるのか、救急車を先に呼ぶべきか)などをしっかりしていけるようにしたいと思います。
 定期的に訓練を実施することで、設備の確認やスタッフの役割の確認、避難経路の確認などが出来て、実際に動く必要が出た際に動けて、患者さんの安全、スタッフの安心に繋げることができると思いました。(新人S)
 煙体験をしましたが、煙があると前も見えない状況になり、怖いと思いました。心肺蘇生では、助けを呼ぶときに、「あなたは救急車を呼んでください」と言うだけでは誰をさしているのかわからないため、「メガネの人」と特徴を伝えると分かりやすいと消防の人に教えてもらいました。
(新人K)

 消防訓練の緊張から解放され、煙体験で興奮状態でBLS&AEDコーナーに移動しました。大声で「○○さんっ!」と呼びかけ、「呼吸なし!」「脈触知なし!」と猛然と胸骨圧迫を開始いたしました。久しぶりでしたが、腕力と体力の衰えを感じることなく、人と交代することも忘れてひたすら「いち、に、さん・・・」と胸骨圧迫を続けました。明日、いえ明後日から筋肉痛だと思います。(ベテラン新人H)