土用の丑の日

梅雨が明け一気に夏本番となり、猛暑続きですでに夏バテ?になっている方もいるのではないでしょうか?

今年も土用の丑の日の昼食に「鰻」を提供しました。
夏の土用の丑の日に「鰻」を食べる風習は諸説あり、土用の丑の日は季節の変わり目で、体調を壊しやすいため、鰻を食べて栄養をたっぷり取ろうという考え方がありました。また、一説には、夏には鰻の売り上げが落ちる為、鰻屋から相談を受けた平賀源内が店先に「本日丑の日」食すれば夏負けすることなし、と看板を立てたら大繁盛したとか。。。
実際、鰻にはビタミンAやビタミンB群など疲労回復や食欲増進に効果的な栄養素が多く含まれています。

暑い時期は冷たいものばかり食べたくなりますが、夏バテを解消するには、炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルをバランスよくとることが大切です。
しっかり食べて暑い夏を乗りきりましょう!