病棟で夏祭りをしました!

先月8月に高齢者の多い病棟で夏祭りを行いました。

現在入院されている皆様は、歌を好まれる方が多いので歌や盆踊りを交えた形で実施しました。
患者さま同士で楽しんだり、普段起きるのが難しい方が来るなど、多数の方が参加され、
盆踊りも多数の方が踊ってくださるなど、活気にあふれた活動になりました。

また、夏祭りといえば!カキ氷!!
スタッフでせっせと削りながら、いちごや抹茶など、皆様で味わいました。
久々に食べた、懐かしい、冷たい!おいしい!など様々な感想をいただけました。

普段と違う活動をしたことで、自然と会話が生まれたり、いつもとちがう表情が見れたり、
イベントならではの良さを感じながら無事に行えました。

後日、夏祭りの写真を個人で可愛らしくアレンジし、カード作りを行いました。
カキ氷を食べた事や盆踊りしたことを思い出したり、楽しかったね、などと話しながら
個人でカードを思い出の一つとして持ち帰ってもらいました。

認知症の方も多く入院している中、昔の思い出などを話したり、笑顔をたくさん
見れたことが私にとっても一番のやりがいを感じました。
また、カード作りでは、それを見て「楽しかった」と思い出したり
“快の感覚”として患者様に残っていけたらいいなと感じました。