行事食~節分~

まだまだ寒いですが、立春が過ぎ暦の上では春が始まりましたね。
立春の前日である2月3日は節分でした。
節分とは季節の変わり目のことで、立春・立夏・立秋・立冬の前の日のことをいいます。
季節の変わり目には邪気が入りやすいといわれており、豆まきは邪気払いの一つです。
皆様の幸せを願い、当院では節分メニューを提供いたしました。

◆献立◆(常食)
巻き寿司
いなり寿司
小松菜のおかか和え
清汁
和菓子(赤鬼)

節分と言えば恵方巻ということで、栄養科としましては5年ぶりの巻き寿司提供をおこないました。
皆様が喜んでくださる姿を想像しながら一本一本手巻きし、全部で200本の巻き寿司を作りました。
恵方巻はその年の恵方に向かい、心の内で願い事を願いながら黙って太巻き寿司を食べれば願いが叶うといわれています。
海苔が噛み切りにくく食べづらい方もいらっしゃるため丸ごとお出しするのは難しいのですが、皆様美味しいと召し上がってくださり比較的残食も少なかったと聞き、提供して良かったと感じております。
栄養科では栄養を考えた食事を提供しておりますが、召し上がっていただかないことには必要な栄養が摂れませんので、行事食に限らず日々美味しい食事を提供できるよう努めてまいります。