作業療法室の模様替え

2018年になりました。作業療法科では年末に大掃除と模様替えをし、リニューアルした作業療法室で新年を迎えました。今回は大掃除の様子とリニューアルした作業療法室をご紹介します。

昨年末、科員みんなで棚や机の大移動、物品の整理・整頓を行いました。事前に「やることリスト」を作成し、役割分担をして取り組みました。重たい本棚の移動には自然と科員が集まり、「せーの」のかけ声で力を合わせて頑張りました。翌日に筋肉痛を感じたのは私だけでしょうか・・・

みんなの努力の結果、音楽鑑賞をするコーナーや陶芸のコーナーなどが整備され、よりゆったりと安全に活動できるスペースに生まれ変わりました。そして新たに窓際の日当たりを利用した園芸コーナーができ、作業療法士であり園芸療法士でもある科員を中心に素敵な植物が飾られています。

作業療法室
作業療法室

改めて模様替えした作業療法室を眺めてみると、以前よりも明るくそして広く感じられました。さらに園芸コーナーという、ホッとひと息つけるコーナーも増えました。作業療法では、作業活動はもちろん、作業を行う「環境」もとても重要な治療の要素です。患者さまの治療目標に合わせて活用できるよう、今後もより良い環境を考えていきます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。