ワクワク感のある医療安全な一日

はじめまして、医療安全管理室室長の川越です。5月から入職して・・・毎日、ワクワクしながら新鮮な視点で仕事を楽しんでおります。精神科医療・看護サービスの構築に向け、みんなが頑張っており、日々、奮闘しております。奮闘している場面を皆様にお伝えしたく、ブログにしてみました。
それではある一日の場面をちょこっと覗いてみましょう。

ナースステーション内
『○○さ~ん、○○さんのケア終わってる~』『きちんと確認したのかな?』とある先輩ナースが後輩ナースに確認中、
『あっ、すいませ~ん、まだなんです』後輩ナースは【ドキドキ】
しかし、先輩ナースは『そうかぁ、○○ナースは2年目でまだ、これからいろんな視野で見えてくるから慌てなくていいよ』とやさしく確認…微笑ましいですね(´´)
そのような場面もある中でも本当は、毎日があたふたしています。
【その時】 【ぷるるる ぷるるると音が鳴る゛
『あっ、今、○○さんが○○で○○のアクシデントがおきました~『川越さ~んすぐに来てください。゛゛そのあと、一緒にカンファレンスに入って下さ~い゛』 と電話連絡をもらった瞬間、
コードブルーの音楽が流れる(´´)…妄想ですが…
廊下を走る…川越…コードブルーのミスチルの音楽が流れる…幻聴…(廊下を走ってはいけません…冗談ですが(笑)
急いで現場に行くと、優秀な看護師さんたちが既に集まり、解決しており、ここの病院ってすごいな~みんなの連携すごいな~って日々、思っている毎日です。

それはそのはず、有馬高原病院は優秀なスタッフの集まりで日々、2単位の精神科救急病棟を回しており、頭もキレ、フットワーク抜群なんです。また、医師の人数も多く、とっても安心で心強いです。その環境の中で精神科患者さまへの安心安全を届けるため、常に新鮮な目で、新鮮な心で、新鮮に頭を使い、新鮮なフットワークで、毎日を ワクワク ノリノリで頑張っています。
こんな素敵な一日が続くように!!これからも頑張りますのでいつでもコール☎して下さい(´´)