N1病棟の中庭より

N1病棟では、作業療法の1つのプログラムとして、毎週木曜日に中庭で園芸療法を実施しています。もともと園芸好きの方・興味のある方、外に出て体を動かしたい方などと一緒に、季節のさまざまな植物を育てたり、活用したりしています。

今年は、綿花(コットン)がたくさん実をつけました。

5月のゴールデンウィークの後のころに種をまき、暑い暑い夏は何度も水が切れてしまい危機がありましたが、何とか秋を迎えました。綿の実がパッと開き、その間からフワフワの白い綿がのぞいている姿がとてもかわいいです。

そのフワフワの綿の中に種が入っているのですが、患者さまと一緒に種を取り出す作業を行いました。「昔、おばあちゃんが育てていた」、「昔は“はんてん”や布団を作ってもらっていた」など思い出を語って下さる方や、「こうやって紡ぐのよ」と教えて下さる方もいたりと楽しく作業が進みました。患者さまのこれまでの人生や生き方・思い出に触れることができ、とてもいい時間がすごせました。