CNSの研修報告

11月15日に、三田市内兵庫県立高等学校四校交流会で、高校生の心の発達と危機について講演をさせていただきました。

夕方5時からという忙しい時間帯ではありましたが、大変興味を持って聞いていらっしゃったように思います。
高校生は、思春期という心もからだも大きく変化する時期であり、反抗期という親にとっても大きな試練がある時期です。

家族のありかたも変わる必要があるということを御理解いただけたと思います。講演のお礼にと花束をいただき、とても感激しました。

講演後は懇親会にも参加し、学校関係者やPTAの方々に高校の現状を教えて頂きました。当法人は、思春期外来の開設を目指しており、それに向けての学校関係者との関係づくりや現状を知る機会にもなり有意義な時間を過ごす事ができました。

そして、プライベートでは初孫が誕生し、我が家の家族機能も大きく変化しました(^^)。