行事食 ~節分~

 全国的にインフルエンザが猛威を振るっていますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。わたし自身、予防接種をしているとは言え、油断は禁物!ということでこまめな手洗い・うがいなどの予防をするように心がけています。立春を迎え、徐々に春らしさも感じられるようになるかとは思いますが、まだまだ寒い日が続きますので、健康管理には気を付けたいですね。

 健康管理といえば少し前の事になりますが、2月3日は無病息災を願う行事である≪節分≫でしたね。当院では、患者さまに節分の雰囲気を感じていただこうということで、昼食にお寿司や鬼の形をしたデザートが出ました。

 ◆献立◆(常食)
 にぎり寿司(海老・穴子・玉子)
 いなり寿司
 春菊のわさび和え
 すまし汁
 練り切り和菓子(赤鬼)
 
 患者さまの好きな食べ物として挙がることの多い、お寿司を取り入れた献立でした。栄養科では朝早くから、いつにも増して着々と準備を進めていき、みるみる内にたくさんのお寿司を仕上げていました。また、軟菜食などの患者さまには、『ちらし寿司』や『かに雑炊』を提供させていただき、普段の食事とは異なる特別感を感じていただけたのではないかと思います。実際に患者さまから好評だったようで、栄養科一同嬉しく思います。

 今年の節分が終わってまだ間もないですが、次は巻き寿司を取り入れた献立をしてみたいなあ、と今から考え中です。今後もバレンタインデーやひな祭りなど、食事を通して季節や行事を感じていただけるような食事を提供していく予定ですので、お楽しみに!