CNSの学会報告

 9月14日、日本生活指導学会で、トラウマ・インフォームドケアについてディスカッションをさせていただきました。これまで医療職だけの学会では研究発表をしたり、シンポジウムで発言するという経験はありましたが、今回は学校の先生や司法関係の方など様々な職種の方が参加されていました。その中で印象的だったのは、定時制高校に通う7割の生徒は、何らかの虐待を受けているという事実でした。その中で、生徒と真摯に向き合う先生の姿は見習うべきことが多いと感じました。
 当法人でトラウマ・インフォームドケアと取り入れて4年目になりますが、まだまだ学ばなければならないこと、気づかなくてはいけないことがたくさんあると感じた学会でした。

ペンギンの飼育員体験

 お休みの日に、城之崎マリンワールドでペンギンの飼育員になってきました。ペンギンにお金を渡してお仕事をさせていただく体験です。城之崎マリンワールドは体験型の水族館で、飼育員体験以外にもバックヤード見学や餌やり体験など、様々な体験ができます。自分で釣った鯵をフライにして食べることも出来て、とても楽しかったです!

 今回仕事でお世話になったのはフンボルトペンギンです。フンボルトペンギンは南米に分布していて、1年に1回換羽の時期があります。全長は64~69cm。体重は5kg弱なので、スイカ1玉分ぐらいです。そして今は換羽が終わる時期で、触ると少しふわふわしていて、1年間で1番触り心地が良く、実際にすっごく気持ちよかったです。ペンギン達のコロニー内では、昼ドラもびっくりするようなドロドロした恋愛劇が繰り広げているそうですよ!

(写真は、番のペンギン達です。それぞれの家庭が垣間見えますよね。)

 飼育員体験では、餌作り(鯵の中に水を注入。理由は長くなるので割愛します)、芸のトレーニング、写真撮影、餌やりができます。餌やりを終えるとペンギンを抱きかかえて移動させるのですが、かわいい顔をしている割に鋭いくちばしで攻撃をしてくるため要注意。エネルギッシュな子は本当に危険です。でも、程よい重さと、羽の気持ちよさとで、ずっと抱っこしていたくなります。

 今回、ペンギンと直接触れ合って、非常に充実した時間を過ごすことができました。動物とのふれあいは癒しの時間だなとしみじみ感じます。
あっ!動物といえば、お知らせがあります!10月19日にありまこうげん祭を開催します。移動動物園のエリアには、色々な動物がやってきます(ペンギンは来ませんが・・・)。その他にも、講演会や屋台があります(詳しくはトップページを見てください)。ぜひ、皆さんもお越しいただき、動物と触れ合って癒されてくださいね。

病棟で夏祭りをしました!

先月8月に高齢者の多い病棟で夏祭りを行いました。

現在入院されている皆様は、歌を好まれる方が多いので歌や盆踊りを交えた形で実施しました。
患者さま同士で楽しんだり、普段起きるのが難しい方が来るなど、多数の方が参加され、
盆踊りも多数の方が踊ってくださるなど、活気にあふれた活動になりました。

また、夏祭りといえば!カキ氷!!
スタッフでせっせと削りながら、いちごや抹茶など、皆様で味わいました。
久々に食べた、懐かしい、冷たい!おいしい!など様々な感想をいただけました。

普段と違う活動をしたことで、自然と会話が生まれたり、いつもとちがう表情が見れたり、
イベントならではの良さを感じながら無事に行えました。

後日、夏祭りの写真を個人で可愛らしくアレンジし、カード作りを行いました。
カキ氷を食べた事や盆踊りしたことを思い出したり、楽しかったね、などと話しながら
個人でカードを思い出の一つとして持ち帰ってもらいました。

認知症の方も多く入院している中、昔の思い出などを話したり、笑顔をたくさん
見れたことが私にとっても一番のやりがいを感じました。
また、カード作りでは、それを見て「楽しかった」と思い出したり
“快の感覚”として患者様に残っていけたらいいなと感じました。

帰宅難民 ~☆おくっちょに宿泊☆~

8月14日この日は台風10号の影響で午後から篠山口~尼崎~大阪方面はJR運転見合わせとなりました。前日からすでにそうなることは予測していたので、準備はしていました。

古民家再生プロジェクト第一弾として今年3月に開所した「ふれあいの里おくっちょ」に宿泊です(*^_^*)
夕食を済ませ、駅前からタクシーで「おくっちょ」へ向かいましたが!!
ここでアクシデント発生!(>_<)
タクシーの運転手さんに住所を伝えても、パンフレットの地図を見せても場所が伝わらないのです。
このタクシーにはカーナビがなかったのです!Σ(*_*;)!
外は嵐で真っ暗、Googleマップを見せながらナビするもあっちこっちグルグル回りながらやっとたどりつきました。

おくっちょの中は?といいますと、広々とした温かみのあるフローリングの部屋がつながっており、開放感のある空間となっていました。トイレもシャワー室、洗面台も新品で、別に多機能トイレも整備され土間にはキッチンもありました。奥の和室に行くと、昔のおもむきを残したままの状態になっており、現在から昔へタイムスリップしたかのような感じです。

今回は、部屋の中が暑く、外は嵐、女性2人でのお泊りでしたので扉を開け放って寝ることも
できないので、空調の効いている場所での就寝(-_-)zzz

翌朝も電車はまだ運転再開しておらず、こちらに泊まらせて頂いただいたおかげで何の心配もなく出勤することができました。(翌朝は地域交流センター長に送迎して頂きました。)
大変お世話になりました。

8月31日に「里こん」がおくっちょで開催されるそうです。
素敵な出会いが生まれるといいですね!(^^)!

日々心がけていること

梅雨も明けて日に日に暑さが増し、体が順応できずにいます。皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

突然ですが、今回は私が業務にあたる上で心がけていることについて書いてみたいと思います。
① 丁寧な言葉遣い、態度で対応する
② なくなりそうな書類、物品があれば補充をして次に使う人が困らないようにする
③ 他のスタッフが困っている様子であれば声をかける
④ 相手の置かれている状況を考える

私たちは病院内外のスタッフ、関係者等と連携をとりチームで動きます。そのため多くの人と関わりますが、中にはそっけない対応をされたり、感情をあらわにされたりする事もあります。そんな時、自分自身も「イラッ」としてしまうのではなく、「もしかしたらとても忙しくて余裕がないのかも」「何かしんどい事があったのかも」と相手の事を考えるようにしています。

本当に基本的な事しか書いていませんが、自分自身忙しかったりしんどかったりするとついおろそかになってしまいがちなので気を付けるようにしています。

気持ちよく働ける環境をつくることで、よりよい支援に結びつけていけるのではと思っています。