電子カルテ導入をケアの質向上のチャンスに変える!!

 12月1日9時、いよいよ電子カルテが本格稼働しました。紙カルテから電子カルテへの移行は、単に紙媒体から電子媒体への変更ではなく、業務内容の見直しと業務フローの再構築が必要となります。
看護部ではこれを業務改善のチャンスと捉えて、まず、電子カルテ導入による業務の効率化を図ること、次にケアプロセスの可視化とシステム思考による統合的なアプローチを行えるようになることで、ケアの質を向上させることをコンセプトとした看護マスタの作成を行いました。当院の看護を標準化しつつ患者の個別なニーズに適切に対応するため、看護診断にはNANDA-1看護診断を、アセスメントにはゴードンの機能的健康パターンを取り入れ、さらに、ケア項目には標準的な精神科看護に、さまざまな身体状況に応じたケアが提供できるよう、有馬高原病院看護部のオリジナルパターンを多数作成し、フィジカルデータも系統的に組み込むことにしました。これによって、複雑な患者の状況の情報を整理、可視化して、適切なケアを考察できるようになることを目指しています。
 稼働後1週間で、まだまだ混乱ありますが、看護師たちは高いコミュニケーション能力を発揮して相互支援、情報共有を行いながら、電子カルテ移行という一大イベントに取り組んでいます。業務の効率化とケアの質向上を目指した電子化ですが、準備と移行にはさまざまな困難や課題が残ります。今後はこの経験によって培われたチーム力によって、さらなる、バージョンアップに努めたいと考えています。

B2病棟でメイクセラピー

先日、恒例となっているメイクセラピーのプログラムを行いました。
専門知識を持った外部講師の方にお化粧をしていただきます。
メイクセラピーは、綺麗にすることだけでなく自己肯定感やリラックス効果を得られたり、肌との触れ合い、会話を持つなど五感への刺激から脳の活性化が見込めます。

実施では、スキンケアと簡単なフェイスマッサージをした後お化粧を進めていきます。
昔はどのようなお化粧をしていたのか、何色が好みか、故郷についてなど楽しくお話をされていました。
お化粧を終えた後は鏡で確認していただくのですが、皆様良い笑顔ばかり!
男性にも褒められて照れ笑いをしているのが印象的でした。
この日は病棟がさらに華やかになりました。

食欲の秋

先週のお休みに一人暮らしをしている友達の家でお鍋を作って食べました。お鍋の味を決めるところからわいわい言いながらお買い物をしました。
最近は和風味だけではなくて、カレー味やキムチ・豆乳スープ等いろいろな味があるんですね。
結局チーズリゾットが食べたくてミネストローネ味に決まりました。
友達と役割分担して協力して作ったお鍋はとてもおいしくて、食べながらゆっくりいろんな話ができてとても楽しかったです。
最近寒くなってきたのでお鍋がおいしい季節になりましたね。みなさんも冬休み等で友人や家族とゆっくりお鍋を囲んで談笑する時間を楽しんでみてくださいね!
さてさて、わたしは新卒で精神保健福祉士として有馬高原病院に4月に入職してはや7ヶ月ほど経とうとしています。入職当初は緊張していましたが、周りの先輩方に丁寧に教えて頂いて、仕事にも少しずつ慣れてきました。今後は、患者様やご家族に寄り添える精神保健福祉士になれるように頑張っていきたいと思います。

学会発表

 11月22日から24日、大阪の関西大学で開催された、日本精神障害者リハビリテーション学会に看護師、作業療法士、精神保健福祉士の多職種で参加しました。

大きな目的は、実践報告と研究発表をすることでした。
 さまざまな講演や発表を聞く中で印象に残ったのは、当事者の方が多く参加されており、発表をする方もいたことです。当事者の方の生の声を聴き、改めて精神科医療に携わる自分たちの支援が当事者にいかに大きな影響を与えるかを実感しました。
 発表は、まず23日の実践報告からです。

これは、これまで行ってきた心理教育の変遷をまとめました。紆余曲折がありながらも、現在1クール1年をかけて実践しており、多くの方が足を止めて見てくださったり、質問をいただいたり、今後の協力依頼があったことから、関心の高さを感じました。
 24日は一人の患者さんの変化を考察した症例報告を口頭でさせていただきました。心理教育の対象者などプログラムに関する質問をいただきました。発表終了後に質問に来ていただいた方もあり、自分たちが実践してきたことが上手くいっていることを実感しました。
 ポスターは優秀賞5演題のうちの1演題に選んでいただき、表彰していただきました。

投票形式でしたので、もちろん自分たちも投票しましたが、選ばれたことには間違いなく、達成感を感じながら3日間の学会を終えました。

第4回ジャズフェスタ

11/12第4回の院内ジャズフェスタに参加しました。今回は「クラッシクフェスタ」ということで、4人の女性サックス奏者による演奏でした。
インザムードから始まり秋の童謡やアメージング曲、演歌メドレーなど11曲以上の演奏がありました。サックスの美しい音色と調和の取れた演奏に心が癒されました♬♬♬
吹奏楽部の時に演奏した曲もあり、楽しい時間で1時間があっという間に過ぎていきました。