看護管理者の実践報告会(中間報告)を終えて

 先日、看護管理者の実践報告会(中間報告)がありました。
 管理者たちが、病床管理、業務改善、退院支援など、様々な管理実践の取り組みについて熱弁で報告してくれました。
 安全と効率を考えた業務改善の報告が相次ぎ、超過勤務が半減できたケースをはじめ課題分析に基づくアクションプランの策定、実践の報告でした。
 夕方の時間での開催でしたが、管理者たちは他部署の取り組み報告を真剣な面持ちで身を乗り出して聞いていたのが印象的でした。
 第2回管理者中間報告会はタイムマネジメントが良く定刻に終了しました。既に成果が出ている部署もあり、春の成果発表が楽しみです。

茶話会の参加

 毎月参加させていただいている、長尾町の茶話会に今月も参加しました。お世話をして下さる方が自宅から持ってきた花が、いつもテーブルに飾ってあり、終了後には参加者の方々が持ち帰ります。

希望者には血圧測定を行った後は、手作りのおやつをいただきながら会話を楽しみます。

今回は、昔石臼を使って黄粉を作っていた話しや、一升瓶にお米を入れてつく事で精米していたことなどをお聞きしました。
 

その後30分程度様々な趣向を凝らしたプログラムを行います。今回は、ボールを使った体操でした。意外ときつい体操もありましたが、参加のみなさんはお元気です。

 終了後は手作りの食事をいただきます。本日はかやくごはんとお味噌汁でした。いつも趣向を凝らした食事で、美味しくいただいています。

B1なつぞらコンサート

 病棟内で介護福祉士の生ギター伴奏とともに、久しぶりのコンサートを行いました。病棟医やスタッフも交え、今回は懐かしの名曲を歌い患者様に聴いていただきました。ベッドで臥床している時間の長い患者様も、ベッドのままホールへ。演奏が始まると、いつもより活き活きとした表情で笑顔もみられ、歌いだす方もいらっしゃり・・・スタッフにとっても患者様との有意義な時間を一緒に過ごせました。こんなに盛り上がるとは思っていなかったので第2弾、第3弾と計画していこうかと思っています。音楽はやっぱり最高!(余談ですが、家族の方からもとても感動したので、次回には楽器持参で是非参加させていただきたいと、お言葉をいただきました。ゲスト出演や飛び入りも考えておかねば!でした。)

新人看護師6ヶ月フォローアップ研修に参加して

 神戸大学医学部附属病院へ5日間のフィジカル研修に行かせていただきました。
 入職前は、精神科に新卒で入るので、身体を看られるか不安がありましたが、毎月研修があり様々な分野について学ぶことができている為、不安も軽減し充実しています。
 今回の研修では、1日目に急性・重症患者看護専門看護師によるフィジカルイグザミネーション・アセスメントの講義を受け、事例や模型を使って演習させていただきました。
 2日目からはICUでの研修でした。ICUでは、実際に患者さんの元へ行き異常呼吸音の聴取や心電図の読み取りなどを行いました。また、得た情報からアセスメントすることで、より知識と経験を深める事ができたと感じています。
 5日間の研修で、普段病棟では実施する機会の少ない看護技術や新たな考え方を学び、スキルアップ出来たと感じています。病棟に帰り研修の学びを活かしより良い看護を行えるよう取り組んでいきます。

CNSの学会報告

 9月14日、日本生活指導学会で、トラウマ・インフォームドケアについてディスカッションをさせていただきました。これまで医療職だけの学会では研究発表をしたり、シンポジウムで発言するという経験はありましたが、今回は学校の先生や司法関係の方など様々な職種の方が参加されていました。その中で印象的だったのは、定時制高校に通う7割の生徒は、何らかの虐待を受けているという事実でした。その中で、生徒と真摯に向き合う先生の姿は見習うべきことが多いと感じました。
 当法人でトラウマ・インフォームドケアと取り入れて4年目になりますが、まだまだ学ばなければならないこと、気づかなくてはいけないことがたくさんあると感じた学会でした。