CNSの夫の休日

世間は10連休といっておりましたが、うちの夫は8連休でした。じっとしていられない夫の休日の一部をご紹介します。
その1 ピザ釜作成
以前から娘にねだられていたピザ釜を2日かけて作成しました。ピザを焼くときに使うピザピールも自分で溶接をして手作りをしていました。

6日に初釜(?)をしました。ピザはとてもおいしかったのですが、ピザ釜を使ってみた結果、まだまだ修正をする必要があるようです。

その2 換気扇の取り付け
下の娘の部屋によく友達が遊びに来て、たこ焼きパーティーやチーズダッカルビパーティーなどをするため、部屋のにおいがすごいので、換気扇を取り付けました。さっそく5日に友達が遊びに来ていました。

その3 愛媛の親戚へ
3日~5日は愛媛の親戚に行きました。

心配していた渋滞もほとんどなく、快適に走ることができました。船で釣りに行くという母の友人に連れて行ってもらい、大物も釣り上げたようです。

刺身と煮付けでおいしくいただきました。その日は叔母がカツオのたたきと皿鉢料理をとってくれていたので、すごいごちそうでした。

その4 洗車
愛媛から帰ると、車がとても汚れていました。6日の朝からせっせと洗車。おかげでピカピカになりました。結婚してから一度も自分で車を洗ったことがありません。
その5 孫
連休中孫三昧。孫にでれでれのおじいちゃんです。

じっとしていられない夫は、これ以外にもごそごそしていました。

敷地内禁煙プロジェクト 進捗について

あっという間に桜の季節も終わってしまいました。
この4月1日より敷地内禁煙が実施され、28日にゴミ掃除を兼ね敷地内をラウンドしました。
所々にはごみはあるものの、思ったほどゴミも少なくホットしましたのと同時に、この広い敷地が今後どんどん変わっていくんだろうなとも思いました。
建物の新しい、古いはありますが、患者さん、職員が気持よく過ごせる施設を目指し、皆様のご協力を頂きながら、これからもこの活動を続けていければと思いますので、どうぞ宜しくお願いします。

CNSの出張

 4月17日の福岡県立大学での病院説明会のため、16日の午後より小倉に向かいました。17日は朝から説明会のため前泊でした。いつも遠方へ行った際は、ご当地の美味しい物を食べるのを何よりも楽しみにしています。そこで、今回はホテルの近くにある居酒屋さんに行ってみました。お客さんが少なかったため、お店の方も気軽に話しかけてくださり、兵庫県から来たことを知り、ゴマさばをサービスしてくれました。とても美味しかったです。



 17日は福岡県立大学へ。2年目のスタッフと一緒に一生懸命説明させていただきました。当院の教育体制に大変興味をもって聞いていただき、先輩看護師に「なぜ精神科に最初から行こうと思ったんですか」など積極的に質問もありました。インターンシップや奨学金制度の説明もしっかり行いました。一人でも就職につながってくれればと思います。


 病院説明会が終わると直ぐに福岡空港に向かいました。翌日から2日間研修を受けるため、東京への移動です。お昼ごろに大学を出たのですが、東京の宿泊先に到着したのは夜の6時過ぎでした。
 18日、19日は前から受けたかった「認知行動療法」の研修でした。会場は東京とは思えないくらい自然の多い場所でした。


 研修は10時から17時まで集中して受けたためグッタリでしたが、中身はとても深く、今後当院で使用することが可能な技法をたくさん学ぶことができました。


 東京では移動にくたびれてしまい、2泊とも美味しそうな物を買い込んで部屋でゆっくり食べることにしました。なかなか一人でのんびりした時間を持つことはないですが、たまにはこんな日があってもいいですね。

新元号 新たな気持ちで

元号が変わり「令和」となりました。
また新たな気持ちで職務を全ういたします。

5月は1年の内で最も好きな月です。
新緑が目に鮮やかです。

今年はまた特別で、中旬には還暦を迎えます。
一昔前は60歳といえば引退してもおかしくない歳です。
最近は体力が衰えてきていることを実感しますが、それを気持でカバーして行きたいと思っております。

令和元年5月2日
有馬高原病院 院長
工藤 慶