カミングホーム

 先日、我が母校の鳳凰高校の奨学生に会ってきました。前泊で鹿児島空港に到着し、夜は山口看護部長と同期の3名で黒豚シャブシャブを食べました。とても美味しかったです。
 翌日は学校訪問し、1年生2人とそのご両親とお話しました。病院の概要、病棟での仕事内容、今住んでいる寮の事、出勤方法など今の生活を全て話してきました。5年後に、今回お話をさせて頂いた学生さんが就職してくれるのを楽しみにしています。
 面接が終わり2日間の休みを貰えたので、実家のある沖永良部島に帰省する計画を立てましたが、飛行機の整備不良の為、翌日のフライトとなりとても残念でした。しかし、病院の温かい配慮のおかげで、もう一日休暇を頂けたのでゆっくり休むことができました。これからも、母校の後輩に恥じないように頑張っていきたいと思います。

防災訓練を終えて

 先日、防災訓練に参加しました。病棟から出火の想定での避難訓練、煙体験、救命救急と盛りだくさんの訓練となりました。
 避難訓練では、職員皆が役割に沿って速やかに初期消火を行い、広い病棟から患者さん(役)を安全に非難誘導し無事訓練終了しました。
 煙体験では、煙が蔓延するテントの中を歩きました。テントの中は、足元も見えない暗い状況で、先の方に光がやっと見える状況でした。怖い思いをしながら進み、テントから出た瞬間にホッとし、「出れた―!」と思わず言ってしまいました。「病棟が同じ状況になったら」と考えたら、ゾッとしました。 
 救命救急では、心肺蘇生やAEDの使用法も含めて、消防の方より丁寧にご指導頂きました。
 訓練を終え、災害発生時職員が安心・安全に行動出来るように、防災対策委員会として、アクションカードの作成・活用、避難経路・避難場所を平面図に分かりやすく明記するなど、日頃から職員が意識出来るように取り組んでいます。