海外研修4th報告  その3 - in ロサンゼルス ー 

睡眠薬の使用状況や睡眠習慣について、日米の違いに着目したいと考え、各施設での取り組みを教えていただきました。

見学させていただいた施設では、いずれも消灯時間や就寝時間を設定しておらず、「眠くなる時刻や寝たい時間は人それぞれでしょう?」という言葉が非常に印象的でした。また、日中の活動や日光浴など、エビデンスに基づいた睡眠衛生指導を実践されており、当院での取り組みのヒントになりそうなものもいくつかありました。今後、学術交流会などを通してご報告していければと考えています。

かく言う私自身、帰国後しばらくは時差ボケのせいか寝不足続き・・・。生活リズムが戻ると同時に、ぐっすり眠ってすっきり起きられる幸せを再確認しました。

日光浴や散歩に最適な素敵なお庭。良質な睡眠には日中の活動も大きく影響します。

~その4につづく。~

海外研修4th報告  その2 - in ロサンゼルス ー 

その1で報告がありましたように、今回の視察研修では3つの施設を訪問させて頂きました。

参加者は各々が専門とする施設に重点を置いて視察を行いました。

遡ると、今回の視察研修は6月に参加者及び訪問先が決定しました。それからは、月に2回のペースでミーティングを行い、参加者全員で知識を高めあう努力をしてきました。そして、今回、現地を訪れ、その知識が正しかったのか、また、少し違っていたのかを再確認することができたと思います。

3施設とも、管理者及びスタッフの方とディカッションをする場を設けて頂き、参加者も通訳を通じてですが、積極的に質問をすることができました。

すべてを有馬高原病院の現場に持ち込むことはできませんが、学んだことを共有し、今後の未来構想に新たな風を吹き込むことができるようにしていきます。

 

 

~その3につづく。~

海外研修4th報告  その1 - in ロサンゼルス ー  

早4回を数える海外研修。ハワイやイギリスに続き、新規先のアメリカはカリフォルニア州ロサンゼルスに施設見学をして参りました。若い人で入職2年目、職種は多岐に亘るメンバーで、一つ目は、リカバリで高名かつ実績のあるロングビーチ市のMHA、2つ目は、アルツハイマーのケアを得意とする認知症専門介護施設、3つ目は、継続ケアを終の棲家として提供し続ける総合シニアコミュニティであります。各施設それぞれwebサイトに掲げたポリシーをそのまま具現化した形で継続的に患者さまに提供できている運営管理モデルが印象的でありました。まずは、とり急ぎ帰朝報告まで。

~その2につづく。~

10/20 ありまこうげん祭へ向けて

朝晩の涼しさが、秋を感じさせるようになってきました。
今年も、有馬高原病院恒例のありまこうげん祭の時期が近づいてきました。
今年のテーマは「平成最後のありまこうげん祭~地域で活きる 未来を生きる~」です。
どなたでも参加可能な公開講座、移動動物園や施設内演芸、模擬店(綿菓子、おしるこ、たこ焼き等)を予定しています。只今、開催に向け準備を進めている所です。
患者様、御家族の皆様をはじめ、地域の方のお力添えも頂き、楽しく実りある、ありまこうげん祭になればと思っています。多数のご参加をお待ちしてます! 

山口帰省

先日、山口県の実家に帰省しました。
年に1度くらいしか帰れませんが、それでも毎年実家に帰ることが出来ています。
帰る度に、田舎だなぁと思いつつも、目の前に広がる瀬戸内海や緑いっぱいの山々に、心身ともに癒されております!
今回は、父の還暦祝いということで食事とマッサージ機付きのソファをプレゼントしました。
いつもは割と無愛想な父も、頬が緩み照れくさそうに笑っており、「もう還暦になったのかぁ。」と、実家に住んでいた頃を色々と思い出した一日でした。
90近い祖父母も元気いっぱいで、毎日のように夫婦ケンカをしております(笑)
何でも、それが元気の源とか・・・
私よりもパワフルな祖父母たちの姿をみていると、私も元気いっぱいパワフルに頑張らないとなぁと感じます。

山口の実家までは、車で約4時間半。
度々帰れる距離ではないですが、何もなくてもたまには実家に帰り、親孝行できたらいいです。

家族の温かさや大切さに、改めて気づいた帰省となりました。