ありまこうげん精神医学研究センター | 神戸の精神科病院 ありまこうげんホスピタル | 西宮 尼崎 芦屋 伊丹

078-986-1115

病院のこと

ありまこうげん精神医学研究センター

psychiatric research center

【設立の趣意】

社会医療法人寿栄会 理事長 鈴木 実

 ありまこうげん精神医学研究センターは2019年10月1日に設置され、関連大学等との連携のもと研究活動の運営を実施しています。従前より法人内外の研究助成事業を推進しており、兵庫医科大学をはじめ大阪大学、神戸大学、関西学院大学等との連携や共同研究など、精神医学や精神看護、高齢者の医療介護福祉の研究活動など幅広い分野での研究活動を支援しています。また最近では、地域コミュニティの再生や建築学や経営学など多くの学生の学習環境の場も提供しています。これら一連の研究活動を奨励することは、法人の事業発展はもちろんのこと「学びの場」を求める医療従事者や学生にとって学習機会としての貴重な場となっています。
 これらの取り組みは、法人内における組織体制の構築により一定の予算を投資することで、教育研究活動がより充実するように環境を整備していくものです。当法人にかかわるすべての関係者に柵のない教育研究活動支援をさせていただくことを目的としています。将来的には、当研究センターから多くの研究論文が発表されることを期待しています。

【2021年度実績】

  • 大阪大学との共同研究活動
    ※精神科医療へのロボットの応用に関する研究
    (デイケア、訪問看護でのロボットを用いた精神科患者支援システムの実証研究)
  • 関連大学、連携病院等との臨床研究に関する活動支援
    • 兵庫医科大学精神神経科への研究助成事業の継続支援
      ※オンライン精神医学講座の実施、人事交流活動他
    • 神戸大学大学院保健学研究科への研究助成事業
      ※身体合併症を有する精神科入院患者が一般科病院で適切な医療を受けるために、
      専門職者が経験している困難:トライアンギュレーションによる検討
    • 星槎大学大学院への研究活動支援事業
      ※PASセルフケアセラピィ看護学会での活動支援
  • 大阪認知症研究会に関する認知症研究助成事業
  • 学術交流会開催(第 7 回目)
  • 関西学院大学等フィールドワーク調査活動に関する活動支援
    • 茅葺屋根の茶室の再生プロジェクト活動支援
    • 地域交流活動への参加、共同研究事業、ゼミ生の研究活動支援

【2022年度計画】

 2022年度「ありまこうげん精神医学研究センター」発信の事業計画を推進し、兵庫医科大学、大阪大学、神戸大学大学院、星槎大学大学院、福井大学等の関連機関への研究助成事業と共同研究を実施します。

  • 大阪大学工学部他ロボット導入に関する臨床共同研究
    ※デイケア、訪問看護、さくらガーデン、救急病棟でのロボットを用いた精神科患者支援システムの実証研究(継続研究)
  • 関連大学、連携病院等との臨床研究に関する活動支援
    • 兵庫医科大学精神神経科への研究助成事業の継続支援
      ※オンライン精神医学講座、講演会、勉強会の実施、人事交流活動他
    • 神戸大学大学院保健学研究科への研究助成事業
      ※身体合併症を有する精神科入院患者が一般科病院で適切な医療を受けるために、専門職者が経験している困難:トライアンギュレーションによる検討(継続研究)
    • 星槎大学大学院への研究活動支援事業
      ※PASセルフケアセラピィ看護学会での活動支援、九州・沖縄高度実践看護師活動促進協議会の連携事業支援
    • 福井大学精神医学講座への研究助成事業
      ※福井大学医学系部門病態制御医学講座(小坂浩隆教授)による研究「青年期自閉スペクトラム症者の脳神経基盤と感覚異常」に対する助成を通して、ASD者の疼痛の神経科学的メカニズムの解明に寄与する。(人的資源への助成)
  • 大阪認知症研究会に関する認知症研究助成事業
    • 大阪認知症研究会の講演会への参加
    • 認知症研究に関する国内外の交流事業
  • 関西学院大学等フィールドワーク調査活動に関する活動支援
    • 「みんなの大きなにわ」(茅葺屋根の茶室)の再生プロジェクト活動支援
    • 地域交流活動への参加、共同研究事業、ゼミ生の研究活動支援

当院医師の活動実績

〈学会関連〉

学会名 第117回日本精神神経学会学術総会(オンデマンド配信限定セッション)
配信期間 2021年10月4日~11月30日
演題 「高齢発症のラピッドサイクラーで初発した特発性大脳基底核石灰化症と考えられる1例」
演者 橋本 剛志、石飛 信、橋本 卓也、林田 和久、松永 寿人

詳細PDFはこちら

〈書籍関連〉

書籍名 『発達障害のある子のメンタルヘルスケア これからの包括的支援に必要なこと』(金子書房)
著者 神尾 陽子 編著、柘植 雅義 監修
出版年月日 2021年8月31日
執筆内容 第2章 「発達障害のある子の精神科的問題の評価と治療 ―自閉スペクトラム症を中心に」/石飛 信

詳細PDFはこちら

〈研修関連〉

研修名 令和2年度広島県発達障害児・者診療医養成研修
日時 2020年10月18日Web配信
講師 石飛 信
講義内容 「自閉症スペクトラムの併存症の評価と治療について」

その他外部機関での実績報告

〈学会発表〉

石飛 信
タイトル 「抗精神病薬不応性の精神病症状に対しミルタザピン単剤治療が奏功した遅発性統合失調症の1例」
”Mirtazapine responsive antipsychotic refractory psychosis in a patient of late onset schizophrenia"
学会名 第116回日本精神神経学会学術総会
研究者 石飛 信1), 2)・長瀬 幸弘2) ・長瀬 輝諠2)
1)医療法人寿栄会 有馬高原病院, 2)医療法人社団東京愛成会 高月病院
発表年月 2020年9月
足立 祥
タイトル 「空気清浄機の使用による家屋内空気中エンドトキシン濃度の低減と居住者の呼吸機能 との関係」
学会名 第91回日本衛生学会学術総会
研究者 余田佳子、田村憲治、 足立祥、 蓮沼英樹、大谷成人、中山祥嗣、島正之
発表年月 2021年3月
タイトル 「長時間労働者面接指導による働き方改革関連法施行前後の過重労働状況の検討」
学会名 第94回日本産業衛生学会
研究者 藤平和弘、毛利健太朗、足立祥、飛松崇子、高橋健太郎、篠原正和、井口元三、山本泰司
発表年月 2021年5月
タイトル 「神戸大学における新型コロナワクチン職域接種
~全学一丸となって取り組んだ活動報告~」
学会名 第59回全国大学保健管理研究集会
研究者 鹿野伸子、井口元三、藤平和弘、高橋健太郎、飛松崇子、毛利健太朗、足立祥、楠田康子、林原礼子、近藤泰子、大崎絵里子、寺内千春、有村和代、菅尾有紀子、山本泰司
発表年月 2021年10月
タイトル 「機械学習を活用したストレスチェックに基づくメンタルヘルス不調の予測モデル構築」
学会名 第59回全国大学保健管理研究集会
研究者 井口元三、足立祥、毛利健太朗、飛松崇子 、高橋健太郎、藤平和弘、楠田康子、林原礼子、近藤泰子、鹿野伸子、大崎絵里子、山本泰司
発表年月 2021年10月
タイトル 「健康診断におけるWEB問診システムの導入
~コロナ禍における遠隔での健康管理~」
学会名 第59回全国大学保健管理研究集会
研究者 藤平和弘、飛松崇子、高橋健太郎、足立祥、毛利健太朗、鹿野伸子、楠田康子、井口元三、山本泰司
発表年月 2021年10月
タイトル 「UPIにおける大学生の回答への回避についての検討」
学会名 第59回全国大学保健管理研究集会
研究者 足立祥、毛利健太朗、飛松崇子、高橋健太郎、藤平和弘、井口元三、楠田康子、林原礼子、近藤泰子、鹿野伸子、大崎絵里子、山本泰司
発表年月 2021年10月
タイトル 「生まれ月時期 と青年後期における精神的健康の関連」
学会名 第43回全国大学メンタルヘルス学会総会
研究者 足立祥、毛利 健太朗、飛松 崇子、高橋 健太郎、藤平 和弘、井口 元三、山本 泰司
発表年月 2021年12月

〈論文〉

足立 祥
タイトル 「妊娠初期における血清インスリン様成長因子-1の濃度と産後うつとの関連」
"Association between the serum insulin-like growth factor-1 concentration in the first trimester of pregnancy and postpartum depression"
著者 足立祥ほか
資料名 Psychiatry and Clinical Neurosciences
発表年月 2021年5月

〈受賞〉

足立 祥
名称 フォリア賞(優秀論文賞)
学会名 日本精神神経学会
受賞年 2021年

TOPへ