B1病棟の宣伝(スタッフ募集中)

B1病棟は精神科病院の中の唯一の一般医療療養病棟になります。身体面を重視するイメージが強いのか、敷居が高いイメージを持っておられる方が少なくありません。

写真を見て下さい!患者ケアや、新しいスタッフの育成に熱い意見を交換するスタッフの姿を!

一般病床の経験のなかった方も実際に多数勤務しております。

院内外問わず、気軽に見学に来て下さいね。来るものは拒まずを信念に、一緒に働けるスタッフをお待ちしております!

B1病棟 師長より

絵画ディスプレイについて

先日、ありまこうげんポスピタル50周年の祝典の折、法人表彰感謝状を頂きました

日頃、言葉はとても難しいもので、自分と他者の受け取り方、感じ方の違いを良く感じます。その点、絵は自由で間違いも、正解も私の中ではありません。

子供の頃は、「人は何処から来て、何処へ行くのだろう?」と思い・想像し、時を忘れて一人夢中で描いたり、作ったり。自然を感じ、遊びとても自由でした。
社会に出て、こうでなければならない、間違ってはいけないと緊張し萎縮し自分を出せないといった大人時代を過ごした様に思います。
そして、結婚・子育ての中で、子供達はとても自由で、生き生きとキラキラしていました。そんな中で、40歳で初めて油絵具とキャンバスに出会いました。
始め、真っ白なキャンバスに間違ったらどうしようと、描く事が出来ませんでしたが、キャンバスを汚す事で気が楽になり、描く事が出来る様になりました。
絵の中では何にでもなれます。何処へでも行けます。
今日あった嫌な事、生活の不安・対人関係の煩わしさも全て消えてしまって自分の世界に浸る事が出来ます。
絵とは、私にとって生まれ変われる場所であり、安心する事の出来る居場所です。

人は何処から来て、何処へ行くのか解りませんが、絵を描く事を楽しみ、絵に助けられ、また絵がもたらしてくれる素敵なご縁を大切にこれからも描き続けていきたいと思います。

庭のイチゴ

我が家では今、庭のプランターでイチゴが実ってきています。今年、子供たちの希望があり、初めて育てました。「そんな簡単に実ることはないだろう・・」と私は半信半疑でしたが、イチゴは子供たちの不定期な水やりにも負けず、立派に実りました。びっくりしました。イチゴたくましいです!!(笑)

毎朝、「イチゴ-!!」と姉妹で声をあげ、ハイテンションで収穫して、だれが食べるのかをケンカ?いや話し合い??しながら・・「おいしーい!!」「甘いね」とにこにこしたり・・が最近の日課です。ちなみに私は毛虫とり係になってます。。(笑)

みなさんも何か植えたり、育てたり・・そんな体験はされているでしょうか?

初売り、買いましたか?

 毎年恒例の初売り、福袋!! withコロナの中で皆さまは何か買われましたか?

 息子が使っていた古いノートパソコンの調子が悪いため、年が変わるのに合わせて新調する事にしました。息子とどんなパソコンが良いかを相談した結果、息子の要求を叶えるため久しぶりにパソコンを自作する事になりました。

 年末からパソコンショップの初売りや福袋などをチェックして購入するパーツを選び、元旦の朝10時からの売り出しに合わせて、10時前からパソコンの前に座って準備しました。
 しかし、時間になり選んでいたパーツを購入しようとするとなかなかページが更新されません。アクセスが集中してるんだな、数量限定だから買えるかな、などとやきもきしながらも無事にお目当てのパーツを全て購入できました。
 買った後は「今年初のいいお買い物した」という考えと「お正月の朝から何してるんだろう」という考えが自分の中で渦巻いていました。

 とは言えパーツをそろえて、息子とワイワイ言いながら一緒にパソコンを組み立てた時間は楽しかったです。

 さぁ、次は何を買おうかな?と今からワクワクしています。

お弁当作りを通じて

私には、朝起きてまず行う日課があります。
それは、保育園に通う子どものお弁当作りです。
休みの日に作っておいた野菜ストックを解凍している間に、前日と違う味付けの準備をし、並行して家族の朝ごはんを作って・・・と脳トレ状態です。

保育士の先生から、「おかずを倍量で!」「もう少し大きく切っても大丈夫です。」などと教えて頂く度に、どんどん成長しているのだなと感じると同時に、次に必要なストックの準備に頭を悩ませています。

お弁当作りはまだ3か月足らずですが、私が中学生の時から大学を卒業するまでの間、母親が毎日お弁当を作ってくれていたことが、とても大変で有難いことだったのだなあと改めて感じることができました。

2021年は周りへ感謝を伝える一年にしようと思います。