~ My Second Daughter ~

昨年10月~11月の1カ月あまり、娘と同じ高校に留学中のオーストラリアの学生を、ホームステイとして受け入れました。
5か月程度の留学中、1カ月ごとにホストファミリーが変わるシステムで、各家庭により生活リズムやスタイルが全く違うなかで、やっと慣れた頃に次の家庭に引っ越すため、ストレスも大きかっただろうな・・と思います。

私はホストマザーとして、“家族の帰りが遅くなり独りの時間が多くなったら困るよね?”とか“英語力あんまりだけど大丈夫かな?”“どうしたらリラックスしてもらえるかな?”などと、受入れ前には心配が尽きず、“なぜ受け入れることにしたんだろ?”と後悔することも・・・
しかし、いざ一緒に生活してみると、心配していたことが馬鹿らしくなるほど、とても楽しく有意義な時間を過ごせました。旅行や観光なども、普段と一味違うものになり、とても新鮮でした。

彼女はとても明るく、“とにかくやってみよう”と積極的で、新しい事に意欲的でした。また、常に“independent”という信念を持ち、“もう少し頼ってくれても大丈夫よ”と思うほど、自分の力で何とかしようと努力していました。(危なっかしいこともたくさんありましたが・・・)
いろいろな人と出会い、新しい文化に触れ、貴重な体験を通して、日本語だけでなく、人としても大きく成長したと思います。

私たちも、日常生活の中で英語を話すという貴重な経験ができたばかりでなく、“自分の意思をはっきり示すこと”や“積極的に行動すること”の大切さなど、娘が学んだこともたくさんありました。

2020年(東京オリンピックの年)の来日と再会を約束して、たくさんの思い出と共に、先日帰国しました。
~~~ 成長した彼女に会える日がとても楽しみです ~~~